定期預金の利率

定期預金っておトクなの?最近の傾向をお届けします。

定期預金の利率

定期預金の利率について。

概要

定期預金の利率は、依然低いままであるが、預金者としては少しでも高利率の商品を見つけたいと思うものだ。定期預金といえば、どの銀行でも取り扱いのあるスーパー定期、スーパー定期300、1000万円以上の大口預金が内容もシンプルでわかりやすい一般的な定期預金であるが、銀行間での利率を比較しても差はほとんど見られない。

最近では、銀行の定期預金の中にも、高利率を謳った商品が目に留まることも多い。

『仕組み預金』や『デリバティブ預金』と呼ばれるもの、『外貨定期預金』などがある。確かに高利率が魅力なのだが、長期間の預入れ、最低預入れ額が大きい、中途解約ができない、満期前の解約には元本割れのリスクが伴う、為替により利率も安定しない、など高利率だが状況によりリスクを伴う場合もある。

ところでネットバンクの定期預金の利率は、最近の推移をみるとわずかであるが上昇傾向にある。気になる銀行の定期預金は新聞や情報誌上でランキングや利率の一覧表などが掲載されていたら目を通すよう心がけたい。

郵便局はまもなくの民営化で『ゆうちょ銀行』と改めるが、定期預金の自動継続について変更もあるようだ。長い間そのままになっている定期預金があるようなら注意したい。