定期預金の利率

定期預金っておトクなの?最近の傾向をお届けします。

定期預金の利率の比較

少額から預けられるネットバンクの定期預金も。

定期預金の利率の比較をしても、どの銀行もほとんど差がない。

そうかと思えば時折、銀行の定期預金の中に1.5%前後の比較するまでもなく高い利率の商品を見かけることもあるが、預入れ期間が3年以上であったり、最低預入れ額が数百万であったり、中途解約の場合は高い手数料がかかったりと、条件が厳しい。

定期預金の利率なら比較するまでもなく、ネットバンクが高いことはインターネット利用者なら誰もが知っている。ネットバンクの利率は一般の銀行と比較すると実に2倍に近い。

自分が預入れする事を考慮して定期預金の利率の比較をしても、やはりネットバンクの定期預金が堅実な方法といえる。ジャパンネット銀行のホームページには利率が毎週更新されるが、前週の利率と比較すると0.01%とわずかだが上向き傾向である。

また預入れ額が一口10万円以上のイーバンクに対し、ジャパンネット銀行は1万円以上、と少額の預入れができる事は比較項目に加えるべく嬉しい要因だ。

ところで定期預金はどれくらいの割合の人々が利用しているのだろう。定期預金の利率を比較しながら、実は我が家には定期預金の口座がない。

長期間放置できるまとまった現金がないわけだが、定期預金の利率を比較しているうちにジャパンネット銀行でなら少額ずつ預入れできるかも…という気になったので、これをきっかけにはじめの一歩を踏み出してみようかとも思う。