定期預金の利率

定期預金っておトクなの?最近の傾向をお届けします。

定期預金の利率2

利率の高さがが魅力的な、ニュージーランドドル。

定期預金の利率を調べてみた。最近は定期預金の中に高利率の商品を見かけることがある。銀行は円の定期預金だけでなく、円以外の定期預金も取り扱っているが、外貨定期預金は利率が高い。米ドル、英国ポンド、ユーロ、などさまざまな通貨で定期預金ができるようになった。

中でも気になるのがニュージーランドドルの利率だ。現在の利率で6.7%前後というのは驚きで、何か大きな落とし穴でも仕掛けられているのではないかと、疑ってしまいたくなるほどだ。日本の定期預金の利率が0.35%として単純計算で実に20倍近い数値となるから恐ろしく高い利率だ。

ところで外貨の定期預金の場合には、高い利率だがリスクがあることを心得ておく必要がある。保険対象にはならないこと。固定利率として確立された定期預金であるが、外貨なので為替変動により円貨額を下回る場合や元本割れが生じる可能性があること。

また円から外貨に換金したものを再び円に戻すため、往復の為替手数料が必要となること。これらの条件を踏まえると、7%近い利率も実際にはもう少し低いかもしれない。換金にためらいがあるときは外貨のまま預けておき、タイミングを見計らい円転するのも一つの手だ。定期預金の利率は時間と、ゆとりある資金次第なのである。