定期預金の利率

定期預金っておトクなの?最近の傾向をお届けします。

定期預金の利率

少しでも定期預金の利率の高いものを見つけ出したい。でも…

定期預金の利率は低い。とはいえ少しでも定期預金の利率の高いものを見つけ出したいと思うのは預ける側においては当然のことである。

定期預金といえば、スーパー定期、スーパー定期300、そして1000万円以上の大口預金がどの銀行でも利率を含め同じ条件で取り扱われており、内容もシンプルでわかりやすい。預入れする場合には、これらの商品の利率を基本に考慮するのが一般的のように思われる。

定期預金には他に、1年を経過すれば、預入期限までの間で自由に満期日を指定できる 『期日指定定期預金』、市場金利の動きに連動し、半年毎に利率が見直しされる『変動金利定期預金』、毎月一定額を口座から振り替えて定期預金に預入れをする『積み立て定期預金』などがあるが、どの銀行を見ても肝心の利率についてはやはりどこも変わらず、最高でも利率の差は0.05%程度にとどまる。

最近気になった商品といえば『通知預金』である。銀行によって最低預入れ額も期間も異なるのだが、ある銀行の取り扱いでは、50万円以上の預入れで1ヶ月間の据え置き後は、引き出す2日前までに銀行に通知すればいつでも引き出せる、というものだ。

「少しでも利率の高い定期預金にしたいが、長期間預けるのはちょっと無理…。」という場合に短期の預入れながらも高い利率が適用されるのはうれしい。